海外役員人材の報酬に関する勉強会

昨日はエーオンヒューイットさんで、海外役員人材の報酬に関する勉強会がありました。

当社でも海外の優秀人材の採用案件を取り扱っているのですが、

報酬パッケージで人材の希望と企業のオファーが折り合わず、お見送りになったり

入社後の不満要素になったりしてしまう事があったりします。

 

今後、日系企業が海外展開を強化し、海外人材をエグゼクティブとして登用するという場面は増えてくると思います。

こうした日本と海外のギャップにどう対応していけばいいか、情報交換をする事でこの問題を少しでも小さいものにしていきたいと思い、エーオンヒューイットのコンサルタントの方にお願いして実施となりました。

昨日は海外展開が既に進んでいる大企業の方や、

資金調達を終えたタイミングのスタートアップなど

海外から積極的に人材を採用されている企業の方が集まって頂き

事例を紹介しあいました。

 

・日本と海外の幹部社員の報酬額の差(日本の方が低い事が多い)

・ストックに対する意識の違い(シリコンバレーなどの人材はストックに夢を乗せるという考えが主流なので、日系企業の報酬に対する考え方と合わなかったり、日系企業はこれまでの国内の報酬体系とは異なる新しい制度を作る必要が出てくる。ベンチャーもVCとの取り決めでストック付与分を多くは取れず、どうしたらいいか)

・どうやって報酬金額を設定するのか(他社データの集め方、判断の仕方)

など具体的な話が沢山出て、とても勉強になる機会でした。

 

またこうした勉強会を開催していこうと思います。

海外の優秀人材の採用に関心のある会社の方、報酬に悩んでいる方などいらしたら

お知らせくださいませ。勉強会企画時にお声掛けさせて頂きます!

 

〜「良い会社」に「良い人材」をつなぎ、
「より良い社会」の実現を~

「グローバル」「ソーシャル」「エグゼクティブ」に特化した転職エージェント
プロビティ・グローバルサーチ株式会社
===================================

・若手人材〜年収数千万円、数億円の世界的エグゼクティブまでご紹介実績がございます。

・海外事業を強化する企業における、経営者ポジション、経営企画、事業企画、海外営業、人事、経理・財務、など、グローバルな領域での企画系、バックオフィス系のポジションを中心に取り扱っております。

・お取引先企業は日本を代表する大手自動車メーカー、消費財メーカー、生活情報企業他、ベンチャー企業や地方の優良企業など、私たちが「この企業を応援したい」と考える企業が中心です。

・弊社HP(ご登録ページ)
https://probity-gs.com/entry/
・リンクトイン
https://jp.linkedin.com/in/yukotakato

facebookでも情報発信をしています
・会社ページ https://www.facebook.com/probity.gs/
・高藤のページ https://www.facebook.com/yuko.s.takato

~ 一人の転職・採用で、一人の子供が中学校に ~
国内でお一人ご採用・ご転職頂くと、タイの貧困地域に住む子供一人が
3年間中学校に通えるように支援するという取り組みを行っています。
詳しくはこちらにて→ http://probity-gs.com/news/?p=24