ヘッドハンター・転職エージェントが嫌いという話

求職者の方から「ヘッドハンターが嫌いで」とか「転職エージェントの事を信用してなくて」という話しを良く聞きます。特にコンサルファームや有名企業など、引く手あまたのキャリアの方ほど、そうおっしゃる傾向があるようです。
そして、「御社は彼らとは違って信用出来るので」という事で弊社を使って頂くという流れになったりします。話を伺うと、有名な外資のヘッドハンティング会社であっても「案件に対して、いかにその人材をはめ込むか」「とにかく人材を企業に押し込む」というアプローチで、その方が何をしたいかという部分に焦点はあたっていないんだそうです。
 
当社の場合はまず、その人材が何をしたいか、人生や、次のキャリアに何を求めているか、というところからヒアリングをしていきます。そこを深堀した結果、残念ながら当社からご紹介出来る案件が無いという事も良くあります(申し訳ないです、、)。 
 
求めるものと、当社の案件がマッチした時は、そこで転職出来る事はもちろん、入社後には大活躍となります。自画自賛でどうかと思うのですが、当社から転職された方が大活躍される割合はかなり高いと思います。
  
案件に人材をはめ込むスタイルではなく、じっくり相性を見ていくやり方なので、時間もかかるし非効率で数を稼げません。その中でどうやって会社としての価値を高めて、提供出来るバリューの質と量を上げて、継続性を高めていくかが大きなテーマです。なやましいなー!でも面白い部分でもあります。
  
(ヘッドハンターや転職エージェントがあまりにも評判悪くて、普通にやっているだけの当社の評価が自動的に高くなっているのは棚ボタ感が満載な気がしています。。うちもちゃんと出来ていない事がありすぎるので、中には当社の事を「ダメエージェント」と思っている方もいらっしゃると思います。自戒していきながら高めていきたいと思います) 

〜「良い会社」に「良い人材」をつなぎ、
「より良い社会」の実現を~

「グローバル」「ソーシャル」「エグゼクティブ」に特化した転職エージェント
プロビティ・グローバルサーチ株式会社
===================================

・若手人材〜年収数千万円、数億円の世界的エグゼクティブまでご紹介実績がございます。
 
・海外事業を強化する企業における、経営者ポジション、経営企画、事業企画、海外営業、人事、経理・財務、など、グローバルな領域での企画系、バックオフィス系のポジションを中心に取り扱っております。
 
・お取引先企業は日本を代表する大手自動車メーカー、消費財メーカー、生活情報企業他、ベンチャー企業や地方の優良企業など、私たちが「この企業を応援したい」と考える企業が中心です。

・弊社HP(ご登録ページ)
https://probity-gs.com/entry/
・リンクトイン
https://jp.linkedin.com/in/yukotakato

facebookでも情報発信をしています
・会社ページ https://www.facebook.com/probity.gs/
・高藤のページ https://www.facebook.com/yuko.s.takato

~ 一人の転職・採用で、一人の子供が中学校に ~
国内でお一人ご採用・ご転職頂くと、タイの貧困地域に住む子供一人が
3年間中学校に通えるように支援するという取り組みを行っています。
詳しくはこちらにて→ http://probity-gs.com/news/?p=24