プミポン国王のリーダーシップから考える事

タイのプミポン国王が昨日崩御されました。
私自身もタイで8年間生活をしたことがあり、タイでの平和でかけがえのない生活はプミポン国王による統治のお蔭であったと思っています(実際にクーデターが発生した際も、国王の働きかけによって鎮静化されていました)。

タイの国民がどれだけ(一人残らず、と言ってもいいほど)国王を愛していたかを目の当たりに見ていたため、私も悲しくて仕方がないのですが、タイの人たちがどれだけ悲しい思いをしているかと思うと胸が詰まります。。。
 
私の目にするSNSでもタイ関係の人たち(国籍問わず)から国王に関する投稿が流れていて、その中に心打たれるものがあったのでご紹介させて下さい。

 

<以下投稿内容から抜粋>

国王からシリントン王女への手紙 2004年10月6日
 
娘へ
この世界では、全てのものは常に対をなしている。
闇と光
善と悪
 
好きな方を選べと言われたら、誰もが明るい方を、良い方を選ぶだろう。
 
しかし、その願いを叶えるには、明るい方、良い方に向かうには、人を愛することが必要だ。
人を愛することで、あらゆる問題は解決できる。
この世界は幸福で満たされ、平和になり、愛で溢れるようになる。
お前に伝えておきたい。
 
1. 周りの人をみんな友と思いなさい。共に生を受け、共に歳を重ね、共に痛みを分かち合い、共に天に召される。過去も、現在も、未来も、いつのときも、全てを分かち合う友だと。
 
2. 世界の良いところを見なさい。そうすれば世界はより良いものになる。現実をきちんと見ること。そうすることで、問題のあるべき解決策が導き出される。
 
3. 自分の足で立ちなさい。すでに満たされているのだというベースを自分の中に持つこと。今あるもの、今得られているものに満足すること。それがどうであれそれを受け取る。執着せず、あればいいが、なくてもいい、という考え方を持つこと。身の丈に合ったものに満足すること。持っているものが少なければ、得られるものが少なくても、それで満足すること。
 
ー 余裕を持つこと。自分に余裕がないと周りに迷惑をかけてしまう。
ーそこそこで満足すること、働いて、その働きに見合ったもので満足するということ。
ー 自分自身に見合った立場でちゃんと生きること。
 
4. ぶれない心を持ちなさい。怠惰は罪であり、勤勉さには価値があると知りなさい。嫌なことがあったときは、またいいこともあるし、楽もあれば苦もある、賞賛を浴びることもあれば陰口を叩かれることもある。ついてないときもあれば運に見放されるときもある。それが自然の摂理なのだ、と唱えなさい。
むやみに嘆いたりせずに、「そういうものだ」と思いなさい。
 
父より
2004年10月6日

・・・・・・・・・・・引用ここまで

タイのプミポン国王は「国王だから愛されていた」のではなく、「プミポン国王だから愛されていた」ように思います。この手紙にある事を自ら実践されてきた事へは尊敬の念しかありません。
  
 
こうしたリーダー像や人としてのあり方と言うのは、日々心理学だったり組織開発論、人材開発論などで研究がすすめられているものの、結局は哲学的なものや、こうして人々が「心を打たれる」あり方を、学問はただ後追いしている(というか、数値として実証している–新たな概念を生み出すというよりは–)ように思えてしまいます。※学問を否定している訳では全くないです。
 
ものすごく最新の研究でも、新しいパラダイムを提示するというより、そこで明らかになる結論は結局のところとして「人としてのあり方の本質」とか「どのような人に心を打たれるか・惹かれるか」に帰結している様に思います。そしてそれはどれだけ時代が変わっても普遍的なものであるので、研究者ではない私としては最新の人材開発・心理学トレンドを追うのも良いですがこうした本質的な部分をぶれずに持っておく方が効率的(時々で右往左往しなくて良い)だし本質的なのでは、と思ったりしています。
 
 
とにかく昨夜の訃報を聞いてから色々な思いが去来して気持ちが落ち着きません。国王のご冥福を心からお祈りするとともに、これからのタイがこれまでと変わらず、笑顔でamazing で心優しい国であるように、私も何らかの形で関わる事が出来たらと思っています。

〜良い会社に、良い人材を、世界規模で~
【グローバル×経営人材】に特化した転職エージェント・プロビティ・グローバルサーチ株式会社

===================================

・若手人材〜年収数千万円、数億円の世界的エグゼクティブまでご紹介実績がございます。
 
・海外事業を強化する企業における、経営者ポジション、経営企画、事業企画、海外営業、人事、経理・財務、など、グローバルな領域での企画系、バックオフィス系のポジションを中心に取り扱っております。
 
・お取引先企業は日本を代表する大手自動車メーカー、消費財メーカー、生活情報企業他、ベンチャー企業や地方の優良企業など、私たちが「この企業を応援したい」と考える企業が中心です。

・弊社HP(ご登録ページ)
https://probity-gs.com/entry/
・リンクトイン
https://jp.linkedin.com/in/yukotakato

facebookでも情報発信をしています
・会社ページ https://www.facebook.com/probity.gs/
・高藤のページ https://www.facebook.com/yuko.s.takato

~ 一人の転職・採用で、一人の子供が中学校に ~
国内でお一人ご採用・ご転職頂くと、タイの貧困地域に住む子供一人が
3年間中学校に通えるように支援するという取り組みを行っています。
詳しくはこちらにて→ http://probity-gs.com/news/?p=24