「海外で働いてみたい」と考えている優秀人材に伝えたい事。

優秀な人材が転職相談の際に、「いつか海外で働きたいと思っているんです」とおっしゃるケースは多くあります。
 
しかし優秀な人材(ここではいわゆる”エリート”と言われるキャリアの方)ほど、実現する事が難しかったりするんですよね。
 
・海外駐在は、いつ赴任出来るか不確実な事が多い。(年次がもっと上がらないと行けない、というケースも多い)
 
・現地採用は収入も下がりすぎるし、キャリアになりにくいと聞いているのでちょっと違う、、、
 
 
こうしたジレンマに直面して、実現する事が出来ずに数年経ってしまった、、と言う方も多くいらっしゃいます。
 
 
当時は確かに、現地採用の案件は年収が200万円程度のものも多く(注 タイやマレーシアといった国の場合です。国や仕事内容によって開きはあります)、日本に帰国後もキャリアとしてなかなか評価につながらない事も多くありました。
 
 
というタイトルでブログに書いたりしていました。
 
 
しかし、それから4年、、、。
 
 
日本国内における転職市場が変化してきているように、海外における現地採用求人市場も変化が起こっています。
 
 
大きな変化としては、
現地採用2.0 とでも言えるような、「待遇は日本の給与水準とさほど変わらない。仕事内容も裁量があり、将来のキャリア形成につながる(評価されやすい)内容」
の案件が増えてきているのです。
 
 
こうした企業の特徴としては、
・日系IT企業、サービス系企業など、第三次産業が多い
・駐在員は殆どいない。いてもMD(拠点長)だけ、など。
 
などでしょうか。
 
ポジションの特徴は
・これまで駐在員がやっていたような仕事(事業戦略立案から経営、マネジメントまで)を現地採用の人材が担う。
・現地採用人材は手足ではなく、事業を推進する中核人材と認識。
・給与水準は日本国内で転職する場合と大きくは変わらない(例:30歳前後の人材で800万円位、など)
 
 
以前は駐在員:企画、現地採用人材:オペレーション、という大まかな区分けがみられたのですが、現地採用2.0のポジションでは経営全般、事業戦略から遂行まで関わる事ができる、と言う事が特徴となっています。
  
(注:これまでもそうした現地採用案件はあったのですが、数としては非常に少なかったです。(現地で日本人が立ち上げた企業や、私がいたJACなどはその数少ない事例のひとつです)
 
駐在員を一人、アジアに送り出すと数千万円かかると言われています。費用対効果を考えた場合、福利厚生が手厚い駐在員を複数送り込むより、日本と同じレベルの待遇で優秀な人材を活用したほうが、海外事業のP/Lとしてはプラスになるのですね。
 
・・・・
 
ちなみに私自身の経験談なのですが、私もこの現地採用2.0的な仕事に就く事で、その後のキャリアにつながったと考えています。
 
2005年から2011年までタイのJACリクルートメントで働いていました。この会社は基本的に駐在員はおかず、MD以下全て現地採用とう形態でオペレーションを行っていました(当時の話なので、今は違っているかもしれません)。
  
JACではタイにおけるオペレーションを一から立ち上げ、マーケや組織戦略の立案、実施を行い、売り上げ増、事業拡大という形で結果がでて、、、。本当にエキサイティングな経験が出来ました。
 
 
その後独立のために日本へ帰国したのですが、驚くほど多くの企業からぜひうちに来ないか、と言うお誘いを頂いたり、独立して事業の展開をしていく上でも、自分の経験が大きな差別化となっている事を実感していました。
  
・・・・
 
今後、オリンピックのあとに日本の景気が冷え込んでくる(その前にすでに不景気の傾向が見えてきている、と言う話もありますが)と言われる中で、これから日本の会社はさらに、海外展開に本腰を入れていく事になると思います。
 
その時には、海外での事業経験者のニーズはうなぎ登りになるでしょう(希望的観測かもしれませんが)。
 
その時に備えて、いまから現地採用2.0といった案件で経験を積んでおく事で、その時に引く手あまたな人材になれる可能性が高いと思うのです。
 
 
・・なお、海外での勤務経験があればよいか、という話もまた別途ありまして、また明日そのことは書いてみたいと思います。
 
そしてここからは宣伝。
1月24日(木)に、ユーザベースさんのオフィスにて、海外キャリアについて話すイベントを開催します。
 
 
ユーザベースの中華圏事業責任者の安齋さんからリアルな海外ビジネスの話について、そして求める人材について。
私からは海外キャリアを積んでいく上で心がける事、成功例のパターンなどなどお話したいと思います。
 
 
現地採用2.0といった案件が増えてきているのは、これまで海外へのチャレンジに二の足を踏んでいた方にとっては大きなチャンスだと思います。
日本で転職するのも良いですが、ぜひ、海外という環境で、事業をドライブする経験を積んでみてください。
 
 
もっともっと、多くの人材が海外で経験を積んでパワーアップしていきますように!

〜「良い会社」に「良い人材」をつなぎ、「より良い社会」の実現を~

「グローバル」「ソーシャル(社会公益性)」「エグゼクティブ」に特化した転職エージェント /  プロビティ・グローバルサーチ株式会社
===================================

・若手人材〜年収数千万円、数億円の世界的エグゼクティブまでご紹介実績がございます。

・海外事業を強化する企業における、経営者ポジション、経営企画、事業企画、海外営業、人事、経理・財務、など、グローバルな領域での企画系、バックオフィス系のポジションを中心に取り扱っております。

・お取引先企業は日本を代表する消費財メーカー、生活情報企業他、ベンチャー企業や地方の優良企業など、社員や取引先、地域社会を大切にしている企業が中心です。

・弊社HP(ご登録ページ)
https://probity-gs.com/entry/
・リンクトイン
https://jp.linkedin.com/in/yukotakato

facebookでも情報発信をしています
・会社ページ https://www.facebook.com/probity.gs/
・高藤のページ https://www.facebook.com/yuko.s.takato

~ 一人の転職・採用で、一人の子供が中学校に ~
国内でお一人ご採用・ご転職頂くと、タイの貧困地域に住む子供一人が
3年間中学校に通えるように支援するという取り組みを行っています。
詳しくはこちらにて→ http://probity-gs.com/news/?p=24