大分に行ってきました

週末は大分にて、APUの学生さんとのキャリアトーク、APU学長である出口さんとのお酒、温泉、フグコース、関サバ、関アジ、、と満喫コースでした。

学生さん達はとてもポテンシャルのある方たちで、このまま中途採用(第二新卒)のマーケットに出ても十分、複数の内定が出そうな方ばかりでした。これからの彼らの活躍が楽しみです。
一方で、「就職活動の世界」と、私の見ている「中途採用の世界」ではまだ溝を感じるというか、前提条件のギャップがあるようにも思いました。APU以外の都内の優秀大学の学生でもそうなのですが、「転職してはいけない/転職できるのは限られた人だけ」と思っている学生が多いのです。あとは、初任給の5万円の違いを気にしていたり。
転職は一般的な事だし、初任給の金額の違いよりも、その仕事、会社でどれだけ頑張れるか、自分の実力をつけられるか、を考えた方がよい、それが数年後、数十年後の年収数百万円の違いにつながりますよ、とお伝えしました。
それはともかく、今回お会いしたAPUの学生さん達はみんな、活力に満ちていて素敵だったな~。

そんな学生さんとの会をセットしてくれたAPUキャリアセンターの佐藤さんは、元々は 武蔵野女子中高校長の日野田直彦さんのご紹介で出会い、一気に戦友というか親友に、、。この年齢でも意気投合出来る友人が出来るってありがたい限りです。

出口さんとのお酒もこれまた深い話が沢山あって(いつも思うけど、出口さんは宇宙人ではないかと、、)、フグのコース料理はじめ冬の海の幸と温泉も素晴らしく、濃くて豊かな旅になりました。ご一緒させて頂いた皆さん、どうもありがとうございました!