人材の紹介:社長にするか、人事を通すか

当社の求人の大部分は、社長さんなど経営陣の方から直接頂いたポジションとなっています。

なので直接社長に人材を提案することもあれば、社内のオペレーションとして人事の方を通して選考を進める事もあります。
基本的に社長経由だと判断も早く、スピーディーに進むのですが、人事を通す場合はやりにくさを感じる事があります。
 
時々あるのは、人材に対するフィードバックが殆どなくて、何が良くて何が悪いのかが分からない事。
これではよりフィットした人材のイメージもつかず、何とか情報をもらおうと頑張ってみるのだけど、具体的な情報を頂けない事が多々あったりします(私の深入り力不足もあるのですが)。
 
採用担当の方が現場や経営陣との連絡調整係だけの役割になってしまっていて、日程調整と合否以外のフィードバックがないと、とにかくやみくもに人材を推薦し、まずは見てもらう、というオペレーションにお互いはまってしまいます。
 
きっと、こういう場合は人材の量をたくさん出せるエージェントが機械的に人材を紹介して、決めていくという流れが一番フィットすると思います。
でも顧客企業にとってもそれは効率よいオペレーションか?というと、書類審査も合否連絡も日程調整も工数が増えて、そうでは無いように思えるのです。。

 
という事でやっぱり経営者と直接やり取りしたほうがスムーズで決まりやすく、今後も基本的にその方法でやろうと思います。経営へのインパクトが大きいポジションを取り扱う事が多い事もあり、やはりそのほうが何を求めているかが分かりやすく、探しやすいです。
  
 
最近もそうしたケースがあってやりにくさを感じたのですが、だからと言ってその会社とはもう取引しない、とか、人事を通さずに経営者とやり取りしちゃえ、でもなくて、その会社の業務フローを尊重しつつ、経営者の方にこの問題点を伝えて改善の提案をしてみようかな、、と思っています。
 
やはり応援したい!と思っている企業なので、どんどん良くなっていってもらいたいのです。きっと当社とのお取引だけでなく、他エージェントとももっとよいコミュニケーションが取れたら、採用力が上がるのでは、と思ったりしています。

 
・注: 当社の場合、やり取りしている人事の方はみなさん、経営目線でコミュニケーションもしっかりとってくださる、頼もしい方ばかりです。時々、お取引を始めたばかりの場合にこういう事が起こったりするので、より採用活動を良くしていけるようもう少し踏み込んでコミュニケーションをとっていこうかと思っています(我ながらおせっかいおばさんですな!嫌がられないように気を付けます、、)
   

〜「良い会社」に「良い人材」をつなぎ、
「より良い社会」の実現を~

「グローバル」「ソーシャル」「エグゼクティブ」に特化した転職エージェント
プロビティ・グローバルサーチ株式会社
===================================

・若手人材〜年収数千万円、数億円の世界的エグゼクティブまでご紹介実績がございます。

・海外事業を強化する企業における、経営者ポジション、経営企画、事業企画、海外営業、人事、経理・財務、など、グローバルな領域での企画系、バックオフィス系のポジションを中心に取り扱っております。

・お取引先企業は日本を代表する消費財メーカー、生活情報企業他、ベンチャー企業や地方の優良企業など、社員や取引先、地域社会を大切にしている企業が中心です。

・弊社HP(ご登録ページ)
https://probity-gs.com/entry/
・リンクトイン
https://jp.linkedin.com/in/yukotakato

facebookでも情報発信をしています
・会社ページ https://www.facebook.com/probity.gs/
・高藤のページ https://www.facebook.com/yuko.s.takato

~ 一人の転職・採用で、一人の子供が中学校に ~
国内でお一人ご採用・ご転職頂くと、タイの貧困地域に住む子供一人が
3年間中学校に通えるように支援するという取り組みを行っています。
詳しくはこちらにて→ http://probity-gs.com/news/?p=24