大企業の40歳エリート vs成長企業の30歳だと、後者の方が人材評価としては高くなるという話 *一般論ですので例外は多数あります

新興企業や若手に挑戦させる企業などの台頭で、どんどん優秀な20代-30歳過ぎの若手人材が出てきています。彼らは若くても億単位のPL責任を持って何十人の組織を率いたマネジメント経験があったりします。

 

日系大企業一社経験で社内の出世レールをうまく乗り継いで40歳で経営企画しています、という方だと、残念ながらこうした若手人材とは勝負もつかないくらいに人材評価としては差が開いてしまっています。

 

経営系の人材として両者を比べたとき、やはり求められるのは前者となります。大企業の方が「自分の大企業での経験を元に、成長企業で貢献したい」とおっしゃられることも多いのですが。。。悲しすぎるのですが。。「普通の大手企業のエリート」だとそういうニーズもなくて。。。

なのでやっぱり、日頃からキャリアを自己ブランディングのように考えることは大切だと思っています。社内だけを見て自分のキャリアを考えるのではなく、広く社外、それも業界内、業界外、そしてできれば海外の人材市場も踏まえて自分のポジショニングを考えていく必要があると思っています。その中で「自分の売りはこれだ」というのがあれば、40歳でも50歳でも求められる人材になっていけると思います。

 


いま20代の方、人ごとではないですよ。明日は我が身です。40代なんて一瞬でやってきますよ!(←経験者談w)とくに若い方は、海外の人材マーケットも視野に入れてキャリアを作っていってもらいたいと思います。

本当に日本のキャリア観は国内の枠にとらわれすぎてしまって、ガラパゴス化していると思います。海外の人材と差が開くばかりです。これからもっと人材の流動性は高くなるだろうから、今から海外も視野に入れて考えている人と、そうでない人で明暗は分かれてくると思います。これは必ずしも海外に行け、といっているのではなくて、海外の動向も踏まえた上で、あえて国内で仕事をする、というのも十分ありだと思っています。

個人的にout of box(枠から出る)という言葉が好きなのですが、社内だけでなく社外、業界外、海外、などどんどん枠組みからでて自分のキャリアも考えてみることで、新たな気づきやキャリア観ができるのでは、、と思っています。

(具体的に話を聞きたい方はまた「もやキャリBAR」をするので遊びに来てください~!←最後はステマ 笑)

ではでは。

〜「良い会社」に「良い人材」をつなぎ、
「より良い社会」の実現を~

「グローバル」「ソーシャル」「エグゼクティブ」に特化した転職エージェント
プロビティ・グローバルサーチ株式会社
===================================

・若手人材〜年収数千万円、数億円の世界的エグゼクティブまでご紹介実績がございます。

・海外事業を強化する企業における、経営者ポジション、経営企画、事業企画、海外営業、人事、経理・財務、など、グローバルな領域での企画系、バックオフィス系のポジションを中心に取り扱っております。

・お取引先企業は日本を代表する消費財メーカー、生活情報企業他、ベンチャー企業や地方の優良企業など、社員や取引先、地域社会を大切にしている企業が中心です。

・弊社HP(ご登録ページ)
https://probity-gs.com/entry/
・リンクトイン
https://jp.linkedin.com/in/yukotakato

facebookでも情報発信をしています
・会社ページ https://www.facebook.com/probity.gs/
・高藤のページ https://www.facebook.com/yuko.s.takato

~ 一人の転職・採用で、一人の子供が中学校に ~
国内でお一人ご採用・ご転職頂くと、タイの貧困地域に住む子供一人が
3年間中学校に通えるように支援するという取り組みを行っています。
詳しくはこちらにて→ http://probity-gs.com/news/?p=24